Tel. 055-227-2123

営業時間 9:00〜18:00
日曜定休

山梨県の家づくり相談所「いえプロ」

いえプロ インスタグラム

 BLOG 

只今サポート物件

次世代につなぐ家
2020.03.03

2020.3.2UP   現場確認

壁に漆喰塗料が塗られました。
ぐっと仕上げが進んだ感じがします。
残るは細かい造作の仕上げと設備機器や照明器具の器具付け、インナーサッシの取り付け等になってきました。

もうすぐ完工です。


2020.2.15UP   カーテン打合せ

今日はカーテンの打合せです。
事前に窓周りの提案をし、建て主様にご検討いただいておりました。
生地の実物を見たりしながら決定しました。
LDKのカーテンは生地を組み合わせてオリジナルのカーテンにしました。
完成が楽しみです。

現場進捗は壁塗装のための養生ができました。ボードのパテも完了しています。


2020.2.4UP   現場確認

内部は部屋の様子がわかるようになってきました。
今まではイメージでしたがカタチとして現れてきました。
このころになると現場へ足を運ぶごとに大きく変わってきます。
建て主様も目を見張るほどです。
大工仕事も一旦キリがつきそうです。

外部も補修工事が終わり仕上げの段階です。


2020.1.18UP    内装仕上げ現場打合

大工工事が進み内装下地が出来上がってきました。
内部の仕上がりの様子がわかるようになりました。
建て主様に現場を見ていただきながら、内装の仕上材を最終的に検討確認いただきました。

 

図面で見ていた時のイメージと実際、目にする建物の詳細部分はカタチになって初めてわかることもあると思います。
カタチになっていく様をご自身で体感することができると愛着がわくと思います。

 

今回リノベーションをするにあたり、まずは解体する部分が出てきました。
愛着のある建物の解体は、先代にとって少し寂しい思いがしたかもしれません。
代々受け継がれる家系とともに家も生まれ変わります。
新しい世代のスタートまであと少しです。


2019.12.21UP  年内現場最終打合せ

IMG_5629 IMG_5635内部の下地工事や設備のダクト工事配線配管工事が進んでいます。
サッシが入り始めました。
年内には外回りを固めます。


2019.11.30UP  基礎補強工事

IMG_4091 IMG_4087IMG_4090
築150年の家を代々で受け継ぎ大切に暮らしてきた住まいが建て主様の世代となりリノベーションされていきます。
基礎についても設計段階から床下に潜り確認させていただいています。
現状を見てどのように地震の拠れなどを考えるかを話し合い進めてきました。


2019.11.16UP  解体後の確認

IMG_5310 IMG_5318 IMG_5328 IMG_5332
現状確認をし想定との違いなどを確認・検討し施工の指示を出しました。

また、建て主様にもご確認いただき次の工程に先立ち、
配線の確定をするためスイッチ、コンセントの位置や照明器具の取り付け位置も確認いたしました。
実際の仕上がり高さや壁面などを図面と現場でご説明しイメージを持って1ヶ所ずつ決定いたしました。
ガスファンヒーターの為のコンセント新設を決定しました。

図面で打合せを十分していても改めて変更したいことも出てきてしまいます。


 2019.10.26UP  着工前

11/5の着工を目前に現地でお父様お母さまも含めて打合せをいたしました。
現在のある家具や品物の不要なものの処分のこと、工事の時間帯、
キッチンが使用できなくなる期間の対応、現場管理の問題等を
ひとつづつ丁寧にご説明いたしました。

新しくガス栓を出したい箇所の確認のため既存のガス会社様にも参加していただきました。
工事をするときはたくさんの方々がかかわってきます。
その交通整理をすることも私たちの役目です。


 2019.9.20UP  着工に際して

ご融資審査申し込み書類の確認や日程の手配を行い、手続きに同行する準備をいたします。

新築や改修の時のご融資はいつのタイミングでしたらよいか、
必要書類をどこでどのように手配するかなど個人でするとなると結構大変な準備だと思います。
それぞれ必要な機関へ問合せ当社がご準備するものと建て主様が準備するものをお伝えし、
スムースに融資手続きの準備を整えることができます。

建て主様の資金計画を把握しご案内いたします。


2019.8.24UP  現場打合せ

IMG_4755

改修前に既存建具等の利用について現場にて確認いたしました。
欄間(写真)も改修工事に使用します。
今まで使っていた大切な建具をリノベーションさせます。


2019.3.30UP ご契約

IMG_3570

ご契約いたしました。
これでまた一つ節目を迎え、更に気の引き締まる思いです。
引き続きサポートいたします。


2019.2.7UP 造作キッチンの変更希望

建て主様からご連絡があり、造作キッチンの変更希望を承りました。
その希望を見積に反映するための打合せをいたしました。
そのほか詳細確認を行いました。


2018.12.8UP 現場にて打合せ

設備関係お確認を行いました。
現在契約しているガス屋サンとの打合せもいたしました。
改修工事は事前の準備を十分に行うことが肝心です。


2018.9.22UP 顔合わせ

決まった施工工務店様と初打合せです。
見積内容の再確認とスケジュールの確認をしました。


2018.8.20UP 打合せ

入札後査定をして建て主様へご報告しました。
3社の中の1社と進めていくことを決定しました。


2018.8.10UP 入札

IMG_0692

たっぷり打合せしたプランにて入札です。
やっとここまできました。


2018.2.8UP 打合せ

概算見積を受け建て主様と方針を決めました。
今後、仕上げ材や内容の検討し確認作業をしていきます。
希望のスケジュールが先なので少しのんびりを進めます。


2018.1.29UP 概算見積

今まで打合せをしてきたプランで概算見積をとりました。
概算見積をとることは建て主様の予算と合っているかを確認するため大事なことです。
内容を確認しどのようにしていくかの方針を決め、進めていきます。


2017.12.28UP  お父様お母様の話を聞く

改修現場となる母屋にお住いのお父様とお母様のお話しを聞きに伺いました。
お二人も若きときに曽祖父曾祖母さまから母屋を受け継ぎました。
今度は建て主様の代になります。
残したい建具などもお聞きしているので上手に活用して改修工事計画を立ててきました。
今日は実際の工事に向けた確認を行いました。


2017.12.10UP 想い

IMG_0749
IMG_0764
IMG_0765
一時中断していたサポートを再開しました!
古民家を曽祖父から祖父へ、祖父から建て主様へとつないでいく家
代が代わるごとに手を入れてこの家の主人となる者が家族のために考え改修をしてきた大切な家を
今回サポートさせていただきます。

 

まずは建て主様の要望を聞きながら、どのように考えどんなふうにしたいかを十分お聞きしました。
その後ご実家に伺いお父様・お母様の想いをお聞きし3世代が豊かに暮らせるよう
建築家と伴に提案・検討を繰り返し概ねのプランは出来上りました。
これからは出来上がったプランを実現するためのサポートをさせていただきます。


2016.2.14UP 打合せ

IMG_2609-630x420
計画平面図を3プラン、提案いただきました。
改修の活かしたい部分や取ることのできない箇所などもあり、一長一短でなかなか結論は出ませんでした。
しかし、ここはじっくりと考えていくのが肝心だと思います。
キッチン以外の水廻りは概ね確定することができました。
次回もたっぷり話しましょう。


2016.1.30UP 初回プラン提案

現地調査のご報告と初回の平面プラン提案をいたしました。
要望をもとにこんなふうに考えましたという説明を聞き、質疑を交わしました。
主になる間取りL/D/Kをいくつかのパターンで検討していただくことになりました。


2016.1.21UP 設計契約と現場調査

建築家の計画した実際の物件など見させていただき、1名の方に決定いたしました。
1月11日、設計契約いたしました。

IMG_7349-630x840

改修に向けて1月21日、現場調査に伺いました。梁の大きさや束、小屋裏の状態を調査しました。


2015.12.6UP 建築家面談

要望書ができあがり、耐震診断書を添えて面談した建築家の方々にご意見をお聞きいたしました。
ご自身の要望に対して建築家の方から質問を受けることもあります。
そのなかで建て主様自身も明確になってくる部分も多々あります。
建築家の方がこのように考えるという話も伺えました。
2日間でお会いした建築家の方からお一人を建て主様が選択します。

 


2015.11.3UP 改修宅へ

現在、ご両親がお住まいになっているお宅へお伺いいたしました。
改修する母屋を見させていただきました。
改修計画の概ねのスケジュールの事、ご両親の要望、していただく事
(例えば持ち込む家具などの計測)などをお聞きしたり、お話しさえていただいたりしてきました。
余談ですが、ご自宅にあるダイニングテーブルと椅子やスツールの話が
とっても楽しくてついつい長居してしまうほど盛り上がってしまいました^_^;


2015.10.18UP お申込み

ファイナンシャルプランナーの相談を経て予算を確定し、改修計画を進めることになりました。
数名の建築家との面談を経て、1人の方と進めることになりました。
早速、家に対する思い、希望、具体的要望を書類にする「家づくり要望書」の記入をお願いし、
メールでやりとりさせていただくことにいたしました。

IMG_0749

 


2015.9.7UP ご相談  

築140年超の民家を改修したいとのご相談。
気になることは耐震ですが、どの範囲をどの程度したらよいのか、またその判断はどのようにするか?
そのほか、改修するのだから快適空間になるようにしたいとのご相談でした。

最新ブログ

いえプロ 施工事例

2020年03月30日

よもやま日記 2020.3.30UP 排水管の引き直し キッチンやお風呂が20年を目安にメンテナンスと同じように、目に見えない配管まわりもメンテをすることが、家を長持ちさせる為には必要です☻ 築40年以上とのことで、調査 […]

よもやま日記

2020年03月03日

只今サポート物件

次世代につなぐ家

2020年03月01日

只今サポート物件

甲板(deck)の家

お問い合わせ

Contact

Tel. 055-227-2123

営業時間 9:00〜18:00
日曜定休